東京の賃貸物件の家賃の値下げ交渉をする時には

東京で賃貸物件を探す時期によって、家賃が変わってくる場合があります。
賃貸物件の家賃の基本的な設定をするのが1月から3月です。
ですから、4月から5月は家賃の交渉がしやすくなり、掘り出しものが出る時期でもあります。
また、8月が最も家賃の交渉がしやすい時期になっていて、1月から3月に比べて5千円から1万円も家賃が変わってくることもあります。

賃貸物件にかかる費用の交渉をすることができるものには、家賃と敷金と礼金になります。
このうち、敷金は基本的に返ってくるものなので、残りの家賃と礼金について交渉をします。
東京で気に入った物件があれば、契約などの話をする前に営業マンにそれとなく聞いていることで、家賃の交渉に応じてくれるかどうかが分かります。
もしも、営業マンが家賃の交渉について曖昧な返答をするようであれば、交渉に応じてくれる可能性がある物件になります。

東京では、家賃の交渉をする時に大切なことが、家賃の値下げの交渉が成功したら即契約をすることを条件に出しておくことです。
家賃の値下げ交渉をさせるためには、営業マンを見極めることも大切です。
また、大家さんは毎月の収入である家賃に関しては礼金よりも意識しているので、比較的簡単に礼金を下げてくれることもあります。
お部屋の賃貸契約は、基本的には2年です。
ですから家賃の交渉をする時には2年間、24ヶ月の合計金額で計算して具体的な数字を出してから交渉することが成功のポイントになります。

2010-10-23カテゴリ賃貸のリスト . You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply