家政婦や家事代行の大変さや苦労、そしてやりがいとは!

町田(49?仮名)さんの一日は、洗濯室で始まりごみ捨て場で終わる。

アパートが作業場で、エプロンが作業服の彼女の仕事は家事手伝いだ。

午前9時。

町田さんは、毎週火曜日に、世田谷区成城のアパートで出勤する。

共働きをする夫婦が出勤して、留守のに入ってきた町田さんはエプロンを身に着け、急いで台所の横に付き 洗濯室に入って袖をまくり上げる。

ランドリーに座ってバスケットに入れられた衣類を水に浸し下洗いをする。

服を洗濯機に入れて回して、残りは手洗いで洗濯する。

次にリビングとキッチンなど散らかしたもの等を目に見えるように整理しておいて台所に向かう。

お皿を洗う台に立ってヘチマを持ってボウル?カップ?鍋などをサッとふい食器棚に揃える。

次はゴミを分類する。

リサイクルするものと捨てるもの、食べ物で分けて処理をする。

手が休む間もなく動く。

「洗濯物やお皿を洗う、ゴミ分類まで完了したら、午前がたちまち過ぎてます。

この家は、週に一度くる、夫婦二人だけ住んでいる家なので量が多くはないが、これまで使ったお皿を洗う事や洗濯をするのにかなりの時間がかかり。

家でも家事をするんですが、仕事とは違うじゃないですか。

洗濯や皿洗いも自宅でするのとは違います。

より神経を使ってなければならず、よりきれいにする必要がありますからね。

そして奥さんは必ずして欲しいことがあれば、メモが置いてあります。

メモに基づいて必要なことを追加でします。

」 昼12時。

12時から1時間は昼食を食べて休み時間である。

働く家におかずなどがあれば、自宅で昼食を食べるそうでなければ簡単にラーメンを作って食べたり、外に出て買って食べる。

この家のような留守の家で仕事をする時、食事や休憩が比較的自由だが昼も家の人々がいる場合は、自由とはいかない。

町田さんは「仕事をしに来たのに、その家の家族が食べて、残った物を食べるようにしたり、自分たちが食べていない食品を突きつけられる場合もある」とし「その時は行き成り注意は出来ないので、時間が少し経った時に、それとなく「そういう事はしないでほしい」と話している」と説明する。

また、「休みが休みではない」という。

休むスペースがないし空室に一人で入っているのも、家の人々が座っているリビングルームと台所のテーブルにしばらく座っているのも気を使うようだ。

午後1時。

町田さんは、実用的な部屋で掃除機を取り出す。

「ウイーン」掃除機の音がうるさいです。

クリーナーは書斎と居間、リビングルームの順序で歩き回ってほこりを吸い込む。

掃除機をかけた後、洗濯物干しに干しておいた雑巾を取る。

乾いた雑巾を持って書斎に入って本棚と机の上にあるホコリを落とし出す。

リビングルームのTVやノートパソコン、オーディオの上にも乾いた雑巾が通り過ぎる。

乾いた雑巾の次は濡れた雑巾の番だ。

雑巾六個が入っている赤いゴムとたらいを持ってリビングに出てくる。

町田さんは両手に雑巾を一つずつ持って両手で拭き掃除を開始する。

そう2時間30坪以上のマンションの床をすべて拭く。

一般的に、家事はモップなどを利用して、床を拭いたり一部だけ雑巾で拭く。

「床をすべて拭き掃除してくれ」という要求は無理と考えられる。

しかし、町田さんは、なぜ苦労してモップで床を拭くか。

「大変ですね。

肩が痛い。

五十肩なんですがここに来始めてからなったんじゃないかと思います。

ところが、拭き掃除をする必要がありすっきりきれいにした気がします。

家事をしながら、最も重要なのは、顧客に良い反応を得るとう事です。

これにより、心が楽です。




家事は50代初め?中盤が最も多い。

町田さんは、まだ若いと言われる年代だ。

だから拭き掃除も、他の家事に比べると相対的に易しい方だ。

そんな町田さんも体が耐えかね難しいことがある。

クリーニング店に任せるのが普通なカーペットやカーテン洗濯などのどっしりとした日がそうだ。

仕事が多くない日は何もしなくても良いという印象を受けた日よりもやる事が多い疲れた日はより大変に感じるそうだ。

2012-11-14カテゴリ家事代行のリスト . You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply